土耕菌ナルナルの使い方 基本編


土耕菌ナルナルの使用方法



土耕菌ナルナルの用途
土耕菌ナルナルは複合微生物集団として様々な場所に利用出来ます。

 1.土壌改良資材として 
 2.植物育成促進材エンドファイトとして
 3.農産物の収量増大用として
 4.有機栽培用の資材として
 5.病害虫耐性の向上資材として
 6.有機ぼかし作りの種菌として
 7.食味向上資材として
使い方の基本
解 説

 用途によって使用量が変わりますのでご注意ください。ただし、農薬と違って有機物から出来てますのでやりすぎの心配はありません。
 ナルナルには、微生物の群集が1グラム中に100億個存在します。お客様のお手元には、このナルナルが乾燥した状態で届けられます。微生物としては眠っている状態です。しかし、土の上にまかれ水分を与えると、眠っていた胞子が目を覚まし活動を開始します。また、水と共に細かい微生物の粒子が、土の中に染み込みます。そして、適切な場所で餌を見つけて繁殖します。氷点下以下で、地面がカチカチに凍っていない限り、ナルナルを使う事ができます。低温にも高温にも強い微生物達です。
 ナルナルは、通常の微生物資材とは異なり地面の中で増殖して行きますので、一作に付き一回やればOKです。
 土壌改良につかう まんべなく撒きます。
土地全体の土壌改良を行う場合は、全面に薄く撒いてください。そして、水をまきます。
40リットル袋入りで、30坪(1アール)〜90坪の面積に施工できます。
 畑につかう 根元にだけ撒きます。下記、エンドファイトとして使うをご一読下さい。
 まく範囲は根周りだけで大丈夫です。植物の芯にパラパラまく感じです。
全面にまくと雑草がすごい勢いで繁殖しますのでご注意ください。
 ナルナルをまいたら風で飛ばないように浅く土と混ぜ水で湿らせて完了です。(雨可)
使用時期
 土作りは、作物を植える直前でかまいません。植えてからの散布も出来ます。
又、生育途中に元気がない植物にも四季を問わず散布が可能です。
施設園芸(ハウス)でお使いの場合
 栽培品目は、特に限定されません。植物なら全て同じ方法で行っています。
土耕菌ナルナルは肥料ではないので、大きなスイカやメロンなど多量の肥料を必要とする野菜には、適時、堆肥や肥料が必要ですが、微生物のよく育った畑では肥料がいりません。
 通常より減らしてご利用下さい。
 横山和成博士のご研究により、化成肥料を使うと土壌微生物が減る事がわかりました。また、除草剤も成分が分解しても細かい化学成分が残り土壌微生物に悪い影響を与えるそうです。畑を微生物で充満させると、自然と病気も発生しなくなる完璧な畑となります。収量も増え味も良くなります。
土壌微生物の豊かな畑を目指しましょう。

上の図のようにまけば、ナルナル40リットルで1,000mの長さのウネに使用できます。
樹木の場合
基本は幹の周りの根元にまんべんなくパラパラとまきます。

幹の直径の2倍から3倍の範囲にまいてください。

一坪あたり、1リットルの散布量でいいです。

幹の直径が10センチなら、根元から20cm〜30cmの範囲全面にまきます。

草が生えているとナルナル菌が土まで届かないので草は刈ってください。

根が伸びていると思われる場所に範囲を広げてまくのもより一層効果的です。
使用時の注意
 土耕菌ナルナルは生きた微生物を土壌に還元することで、土壌の活性を取り戻します。ですから、絶対に土壌殺菌は行わないでください。効果がい゛ません。
木作酢を使っても菌が死んでしまいます。
 除草剤も菌が死んでしまいます。

 保管中にねずみが食べることがありますのでご注意ください。

 堆肥の感覚で深く入れたほうがいいと思うのは間違いです。必ず土壌表面に散布してください。深く入れると効果が出ません。

 土耕菌ナルナルは紫外線に強いと言う特性を持っていますが、用心のため直射日光の強い夏のみ紫外線にご注意し、早朝または、夕刻に散布するようにしてください。

   雑草も元気に育ちます。
不明な点がありましたらお問い合わせください。
上級編 ナルナルボカシの作り方
 ナルナル菌は土壌菌の複合体ですので、あらゆる堆肥作りの種菌として利用できます。
通常の落ち葉堆肥などを作る時にもナルナル菌を混ぜるととても発酵がよくなります。
堆肥に混ぜる場合は、1立方メートルに対し、ナルナル菌を4リットル混ぜ合わせると芳醇な発酵となり、臭気を抑えることが出来ます。臭気が出るときは、酸素不足と水分過多が原因ですから、切り返しや水切りを行いましょう。発酵が弱いときは、ナルナル菌を追加散布してください。
上級編 ナルナルボカシの作り方
ナルナル式の簡易トイレの作り方