土耕菌ナルナルのホームページ

参考図書 Tweet


《主要参考図書》

ナルナルの栽培科学を書く際に参考にした書籍をご紹介いたします。
以下の書籍の著者・関係者の皆様に深く感謝申し上げます。

進化について『共生生命体の30億年』 リン・マーギュリス 中村桂子訳 草思社 2000
『カウフマン、生命と宇宙を語る』スチュアート・カウフマン 河野至恩著 2002
『眼の誕生―カンブリア紀大進化の謎を解く』アンドリュー・パーカー著, 渡辺政隆・今西康子 (翻訳) 草思社 2006
『陸上植物の起源と進化』西田誠著 岩波新書 一九七七
『ミクロコスモス-生命と進化』 L・マルグリス、D・セーガン著 田宮信雄訳 東京化学同人1995
『カルシウムと生命』ストルコゥスキー著 松岡芳隆・慶子共訳 白水社クセジュ文庫 一九六八
『塩と生物』 高田英夫著  創元社 一九七四
『元素の事典』 大沼正則編 三省堂 一九八五

環境について

『地球の復活』レスター・ブラウン著 唯是康彦訳 東洋経済新報社(一九八三)
『糞尿と生活文化』 李家正文著 泰流社(一九八七)
『江戸の産業ルネッサンス』 小島慶三著 中公新書(一九八九)
『江戸時代』 大石愼三郎著 中公新書(一九七七)
『気候変動の文明史』 安田喜憲著 NTT出版 2004

土壌と微生物について

『土壌サイエンス入門』三枝 正彦 ・ 木村 眞人 編 文永堂出版 2005年8月
『根の活力と根圏微生物』 小林達治著 農文協
『土壌微生物の基礎知識』 西尾道徳著 農文協 2004
『好塩微生物』 好塩微生物研究会編 医歯薬出版株式会社
『土壌・肥料学の基礎』フォス著 江川友治監訳 養賢堂 一九八一
『有機質肥料と微生物資材』 伊達昇編 農文協 1994
『土と微生物と肥料のはたらき』 山根一郎著 農文協 2006

高橋英一先生の著書 主にケイ酸と肥料

『ケイ酸と作物生産』 日本土壌肥料学会編 博友社 2002
『ケイ酸植物と石灰植物』高橋英一著 (農文協)1987
『ここまでわかった作物栄養のしくみ』高橋英一著 (農文協)1993
『栄養学の窓から眺めた生物の世界』 高橋英一著 (研成社)1997
『根物語』 高橋英一著 (研成社)1994
『作物栄養の基礎知識』高橋英一著 農山漁村文化協会 一九八二
『施肥農業の基礎』高橋英一著 養賢堂 一九八四
『自然の中の植物たち―適応と進化―』高橋英一著 研成社 一九八六
『生命にとって塩とは何か』高橋英一著(農文協) 1987
『生命のなかの「海』と「陸』』高橋英一著 (研成社)2001
『動物と植物はどこがちがうか』高橋英一著 (研成社1989)
『比較植物栄養学』 高橋英一著 (養賢堂)1974
『肥料になった鉱物の物語』 高橋英一著 (研成社)2004
『肥料の来た道帰る道』高橋英一著 (研成社)1991

樹木について

『木のひみつ』京都大学木質科学研究所編 東京書籍 1995

植物栽培について

『植物の無機栄養』ヒュイット・スミス著 鈴木米三・高橋英一共訳 理工学社 一九七九
『発酵肥料で健康菜園』 薄上秀男著 (農文協)1999/08
『日本の自然と農業』 山根一郎著 農山漁村文化協会 一九七四

植物全般 その他

『ファーブル植物記』 日高敏隆・林瑞枝訳 平凡社 1996
『きのこと動物』 相良直彦著 築地書館(一九八九)
『稲作の起源を探る』 藤原広志著 岩波新書 一九九八
『化学生態学』 ハルボーン著 高橋英一共訳(文永堂)1981
『楽しい鉱物学』堀秀道著  草思社 一九九三